ホーム>あんしん堂のスタッフブログ>カレー物語>カレー物語~その1~
カレー物語

カレー物語~その1~


カレーは、究極の薬膳料理だ!!

のっけから、言い訳がましくてすみませんが、ここでいうカレーとはあなたがいつも食べているスーパーで買ってくるアレや、レトルトのソレのことではありません。

JAS有機農産物の、繊細でありながらしっかりした美味しさ、なによりも科学的毒物の心配がない(農薬、ポストハーベスト、合成着色料、防カビ剤などの食品添加物不使用)、野菜、果物、ハーブ、スパイスを使い、アーユルヴェーダ(アーユルベーダ)のレシピで作られる本物のカレーのことなのです。

もちろん、平成13年から日本でも表示が義務付けられた、遺伝子組み換え作物でもありません。

見たことない!!

その通り、実は私も見たことがありませんでした。私の会社ではJAS有機のにんじん、ジャガイモ、玉ねぎなどのお店向けの小分けをしていますので、もちろんカレーを作りたくなります。

でもJAS有機の表示がついているカレーがないのです。
近所のスーパーにも少し遠くのスーパーにも。

理由は単純、カレーとは、収穫期、産地、焙煎法等の異なるたくさんのスパイスの集合体!
代表的なものだけでも、クミン、コリアンダー、マスタード、コショウ、ターメリック、シナモン、カルダモン、クローブ、トウガラシ、ジンジャー、ナツメグなどなど…

今回私の無理な要望にも笑顔でトライしてくれたマリオさん(スリランカMa's Foods)の表情からだんだん笑顔が消えていったのは、商品化のタイムリミットをひと月過ぎふた月過ぎた頃からでしょうか…

スパイスの本場スリランカでオーガニックのユーロ認証、アメリカUSDA認証、JAS有機認証に次々にチャレンジし、取得しているマリオさんも、私がお願いしたJAS有機の美味しいカレーペーストは無理難題の波状攻撃だったようです。

アトピー、花粉症、糖尿、がん…
食品を選ぶことで未然に防いだり、症状を改善することができるのなら、逆に言えば、安いから、簡単だからといって危険な食品を、体力や免疫力の弱い子供やお年寄りに食べさせるのは、未必の故意といえなくもないのでは…
そんな思いから私の、美味しい食品、Healthyな食品、安心な食品を探し求める道が始まったのです。

おいしいものはみんな大好き。ましてやそれが、美容や健康に役立つとなれば言う事ありません。
当たり前のことですよね。
でも、意外と知られていないのです。
安心安全な食品を買うことは難しいという事実と、みんな大好きなカレーが、もともとは究極の薬膳料理だったことが!!!

ウコン、ショウガ、ニンニク、クミン、コショウなどなど、エンザイム(酵素)を活性化させることで免疫力を高め、病気に強い体を作る…

例えるならカレーが解毒するって感じでしょうか…

つづく
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.agriproducts.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8

ページ上部へ